雨漏りした時の対処法

長年持ち家に住み、降水量が多い雨の日に初めて雨漏りが起こりましたが、冷静に対処を行うことで防ぐことが出来ました。まずは漏っている場所には雨水の水滴が集まり水たまりになっていたので、洗面器などで一時的にしのぎました。そして原因を考えてみると劣化による物や、定期的なメンテナンスを怠っていた事がわかりひどく反省しました。一晩はブルーシートを利用し床がこれ以上水浸しにならないようにして、次の日業者に電話をかけて屋根を見てもらいました。

木が衰えていていつ雨漏りしてもおかしくない状況だったと言われ、びっくりしました。やっぱり雨風をしのぐ屋根は家に住む中で一番大切なので、時間がなくても定期的に専門の人に見てもらうべきだなと深く決意しました。運良くすぐに業者の人が来てくれましたが長い連休や混み合っている時は自分で応急処置を行いしのがなくてはなりません。何人かと一緒に住んでいる場合、まずはその人たちに屋根から雨水が漏る事を真っ先に言うべきだと教えられました。

知らずにいると滑って転んだり不審に思うこともあります。その次はわたしがブルーシートで応急処置を行なったように雨水を受け取る機械を作る必要があり、業者が来るまで定期的に雨水を捨てる当番も必要ということです。応急処置は身近にあるもので出来、最後は業者に任せた方がスムーズにいきました。教訓として学んだことは、定期的なメンテナンスを怠らず、しっかり期限を決めて点検してもらうと雨漏りは起こりにくいというものです。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website