屋根からの雨漏りを直してもらいました

少し前から、大雨が降ると、家のどこかでピチャピチャと水が滴り落ちるような音がするようになりました。とても気になったので、家族総出で家中をくまなく点検したのですが、水が滴り落ちている場所を見つけることはできませんでした。水道管からの水漏れも疑いましたが、晴れている時にそのような音が聞こえてくることは全くなかったので、どこか見えない場所で雨漏りが発生しているに違いないと考えました。そのまま放置しておくわけにはいきませんから、知り合いのリフォーム業者を家に呼んで、いろいろと調べてもらいました。

調べてもらった結果、屋根に張ってある防水材の一部が劣化し、そこから雨水が家の中に入り込んでいるということがわかりました。屋根から入り込んだ雨水が屋根裏の床にピチャピチャと滴り落ちる音が聞こえていたわけですが、もうしばらく放置していたら2階の部屋の天井に雨ジミが発生していただろうと言われました。幸いなことに、音に気が付いてから割りとすぐに業者を呼んだため、被害を最小限に食い止めることができました。屋根の全面張り替えになるのだろうかと青くなってしまいましたが、部分的な補修で対応することができると言われたので、ホッとしました。

その日は職人さんが他の現場に行っていたので、3日後に工事をしに来てもらいました。とても丁寧に屋根を直してくれたので、大満足しています。また、屋根裏の板までを張り替える必要はなかったため、想像していたよりもずっと安い費用で雨漏りを直してもらうことができました。

Filed under: 排水管つまり, 生活/暮らし, 福岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website