台風の後で雨漏りが発生しました

昨年、大型の台風が来襲した後で、雨漏りが発生するようになりました。2階にある子供部屋の天井から水がポタポタと滴り落ちるようになったのです。台風の大風に煽られて屋根瓦が何枚か飛んでいましたから、多分そのせいで雨水が入り込むようになったのだろうと思いました。すぐに数軒のリフォーム業者に電話をかけたのですが、どこも工事依頼が殺到していて、早くても2週間後位でないと訪問することはできないと言われてしまいました。

天気予報で数日後にまた大雨が降ることがわかっていましたので、2週間もそのままで待っているわけにはいきません。そこで、業者に応急処置の方法を教えてもらい、自分でやってみることにしました。早速ホームセンターにブルーシートと土嚢を買いに行ったのですが、どこも売り切れになっていて、入手するのにとても苦労しました。かなり遠くのホームセンターでやっとお目当ての商品を購入することができ、それを車に積んで自宅に戻りました。

ちなみに、脚立は近所の人から借りられたので、買わずに済みました。業者から絶対に1人で作業してはいけないと言われていたため、隣りの県に住んでいる親戚に手伝いに来てもらいました。命綱をつけて屋根に上ったのですが、屋根に上ったのは生まれて初めての経験だったので、かなり怖かったです。滑らないように注意しながら屋根をブルーシートで覆い、土嚢で固定しました。

結局、業者が家に来てくれるようになるまで3週間もかかってしまったのですが、頑張って張ったブルーシートのおかげで雨漏り被害を最小限に抑えることができました。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website