窓から雨漏りが発生しました

1階にあるリビングルームの壁の一部にカビが発生するようになりました。床から30センチ程の高さの所にカビが生えるようになったのですが、どうしてそこにだけカビが生えるのか、原因が全くわかりませんでした。壁の前に家具などを置いている場所ではありませんし、そこだけを汚すようなこともしていません。でも、拭いても拭いても、気がつくとまたカビが生えています。

我が家には喘息もちの子供がいますので、カビは大敵です。自分ではどうすることもできず困ってしまったため、ダメ元でリフォーム業者を呼んで現場を見てもらいました。そうしましたら、現場を一目見るなり「雨漏りが原因かもしれませんよ」と言われました。ですが、こんなに低い場所に雨漏りが起きるなんてと、すぐには納得することができませんでした。

しかし、家の外回りを点検した業者さんから、「多分これが原因だと思いますよ」と、窓枠と外壁との間に生じた隙間を見せられました。業者さんの説明では、窓枠と外壁の間に充填していたコーキング剤が劣化して、そこから雨水が入り込むようになったのだろうということでした。確かに、カビが生えていたのはその窓の下の壁だったので、その説明には納得することができました。コーキングの打ち直し自体はそれほど高い費用はかからないと言われたので、その業者に修理をお願いすることにしました。

本当はクロスも張り替えてしまいたかったのですが、一部だけ張り替えると色の違いが目立つので全面張り替えになると言われて諦めました。クロスの方は、もう少しお金が貯まってから改めてお願いしようと考えています。

Filed under: 水のトラブル, 水漏れ, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website