急に水滴が!!!雨漏りの修理ってどうやるの?

急に天井から水滴が降って来たら、それは雨漏りです。雨漏りしたら放っておかずすぐに雨漏り対策を行います。雨漏りしたらまずは原因を突き止めます。屋根から水滴が落ちてきているなら瓦がずれていたり、穴が開いている場合があります。

壁から染み出しているなら塗装が剥げている可能性があります。窓と壁の間から雨漏りしたり、ベランダが雨漏りする場合もあります。雨漏りしたらまずは雨漏り箇所を詳しく調べてください。原因がわかったら雨漏りの修理を行います。

屋根の雨漏りな場合は屋根に登って雨漏り箇所を探します。発見したら雨漏りしないようひび割れ部分を埋めたり、瓦のずれをなおします。時間がかかる場合はブルーシートで覆って応急処置として雨をしのぎます。壁の場合はひび割れがほとんどです。

ひび割れ部分をコーティング剤や外壁材で埋めます。窓の場合は窓枠と壁との間のコーティング剤が劣化して隙間ができている可能性があります。その場合はコーティングのやり直しをします。窓ガラスと枠にずれがあるならガラスの交換を行います。

ベランダの雨漏りはひび割れやベランダ自体の劣化が原因です。ひび割れを埋めたり、劣化部分の取り換えを行います。家とのつなぎ目から雨漏りしているならベランダだけでなく外壁を修理する必要も出てきます。雨漏りの修理を自分一人でできない場合は雨漏りの修理業者に依頼します。

屋根の雨漏りなら高所で危険なため一人では行わないでください。修理を行う場合は自分の手の届く範囲だけ行いましょう。雨漏りしたらすぐに修理を始めてください。水漏れとつまりのことならこちら

Filed under: つまり, 水漏れ, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website