雨漏りの修理と費用相場

雨漏りは、棟板金の浮きやスレートの浮き、コーキング剥がれなどさまざまな原因によって起こります。経年劣化によって起こることがほとんどですが、突風や強風、ゲリラ豪雨などによって棟板金が浮いたりスレートが浮くことで雨漏りが起こる場合もあります。経年劣化で起こった雨漏りは自費での修理となりますが、雨漏りの原因が突風や強風の場合には、火災保険によってゼロ円で雨漏りの修理を行える可能性もありますから、見積書などの必要書類は大切に保管しておきましょう。棟板金の浮きが原因の雨漏りの修理は、下地材と棟板金を撤去し、新しいものと交換します。

古い釘は鉄製でさびてしまいますから、かならずステンレス製のビスなどを使用します。スレートの浮きが原因の雨漏りの修理は、割れてしまったスレートを取り除いた後、コーキング剤を割れたスレートに塗って本来の位置に戻していきます。ただ、ここで注意しないといけないことは、広範囲にコーキング剤を充填してしまうと、雨水の流れが変わってしまい新たに雨漏りを発生させてしまうおそれもありますから、コーキング剤は必要最低限の範囲だけに充填することが大切です。雨漏り修理の費用目安として、棟板金・スレートの修理は30~100万円、漆喰の修理が30~80万円、経年劣化の雨漏り修理が100~300万円というのが相場となっています。

ただ、これはあくまでも目安で、雨水の浸入箇所が多かったり、屋根の形状、屋根材の種類の違いなどによっても大きく異なりますから、信頼できる業者で見積もりをとることが大切です。

Filed under: 浴槽つまり, 生活/暮らし, 福岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website