雨漏りの修理は早めに行う

雨漏りを起こす大部分は屋根だとされています。屋根には様々な種類がありますが、いずれの屋根でも雨漏りは起こるといわれているので他人事ではありません。また普段は屋根の状態を確認することはほとんどありませんから、室内で天井から雨漏りをしてきたことで、ようやく屋根の異常に気付くことが多いです。雨漏りを見つけたら、できるだけ早く雨漏りの修理が必要になりますが、雨や風が強いときに修理をしようとしたら危険です。

それに素人が屋根にのぼろうとすると大変危険ですから、専門業者に雨漏りの修理を依頼することをおすすめします。ただ雨漏りをしているのに放置しておくことはできませんから、まずは室内が水浸しにならないように対処をします。雨漏りをしている部分に雑巾やバケツを置きます。そしてブルーシートなどを用意して雨漏りをしている部分の屋根に被せて応急処置を行います。

応急処置を行ったら、雨漏りの修理を早めに行うことが大切です。雨漏りしている時の水の流れを把握して、屋根の劣化した部分を交換したり、その下にまで湿気が溜まって腐っているときは資材も交換します。そして水が隙間から入り込まないようにするため、シリコンなどでコーキング作業を行います。そうすることによって雨水だけでなく湿気なども入り込まないようにすることができます。

スレート屋根などの場合は、修理をした後で防水効果のある塗料を塗ることによって、さらに雨漏りを防ぐ効果を得られます。

Filed under: 浴槽つまり, 生活/暮らし, 福岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website