雨漏りの修理、放置しても良いことはない

雨漏りの修理に関しては、放置することのメリットは何ひとつありません。その理由ですが、ひとつは放置しておいたからと言って状況が良くなることはまずないためです。雨漏りの原因としては外壁、屋根の劣化、及びそこに施した塗料の劣化が挙げられます。これらは経年劣化によるダメージが必ず、発生する部分です。

そのため、その都度、メンテナンスを加えていくことが必須です。放置しておくと、状況としてはますます悪化の一途をたどっていくだけなので、迅速に雨漏りの修理としてのメンテナンスが求められます。それから建材劣化に対しても、良いことがないと言うのも放置してはならない理由です。雨漏りの修理が遅れると、それだけ侵入してきた雨水による建材劣化の程度は進行してしまいます。

建材が劣化すると、たとえばそれは建物の著しい耐久性、安全性の低下を招くこともあります。あるいは建材、特に木材が雨水に濡れ腐敗すると、その部分にはカビが発生しやすくなります。カビ菌が居住スペースにまで到達すると、それによって住人の健康が脅かされることも決して珍しくはありません。よってこのような状態に至らないためにも、雨漏りはそれがわかった時点での修理が必要です。

また雨漏りの修理には、条件を満たせば火災保険が適用されます。その条件の中には、雨漏りが発生してからの年数が含まれています。つまり今は大丈夫から、と先延ばしにして状態が酷くなってから修理を申し出ても、保険は適用されないと言うことです。これは経済的には損をしている状態ですから、やはり雨漏りの修理は早め早めに行うに越したことはないと言えます。

Filed under: 浴槽つまり, 生活/暮らし, 福岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website