ベビーシッターが玄関の壁をリフォームするメリット

ベビーシッターが玄関の壁をリフォームすると幼児が笑う、母親との会話が増加、地域の人と交流が増えるなどのメリットがあります。玄関の壁は時間が経ってくると、壁の一部が劣化して剥げ落ちてしまいます。その状態を放置しておくと、ベビーシッターの家を訪れた幼児の母親が子供を預けるのを不安に感じるはずです。ですが、リフォームをして壁一面を白く染めると、綺麗になったため幼児が自然と笑みを浮かべます。

この時は、壁に幼児が喜びそうな動物の絵を貼るのも良い手法です。特にライオンやコアラの絵は幼児が好む動物なので、積極的に貼りましょう。母親も気持ちが楽になったせいか、ベビーシッターとの会話が増加していきます。その時の会話は初めは壁のことですが、徐々に世間話などもできるようになるかもしれないです。

すぐには話友達になるのは無理なので、ゆっくりと会話の数を増やしていくといいです。気をよくした母親は、壁がリフォームにより綺麗になったことを近所の人達に教える可能性が高いです。すると、地域の人々が玄関の壁を見にやってきます。その場合は、いい機会なのでお茶菓子などを用意して、家の中に入れてあげると好感を持たれます。

話す内容は最初は日常の会話ですが、テレビで話題になっている噂話などをすると喜んで聞いてくれるはずです。ベビーシッターの家を出た近所の人達は、周囲の人々へさらに噂話を広げていきます。やがて、その影響が子育て世代に知れ渡ると、子供を預けたいと言ってくる場合があります。リフォームが成功したことになるので、その時は大喜びだと思われます。

Filed under: トラブル, , 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website