雨漏りを放置するとどんな影響が発生するのか

雨漏りは、少量の雨でも発生する場合もあれば、豪雨や台風など特殊な天候の時にのみ発生すると言う場合もあります。ただ、いずれの場合も放置しておくと住宅、更には人体に対して様々な影響が発生することが懸念されます。まず住宅に対する影響です。初期の段階で出やすい影響としては、木材に雨水が浸みたことによるシミができたと言う現象です。

ただこの場合、それほど深刻にとらえる人も多くはないのですが、木材に雨水が浸みていると言うことは、木材にもダメージが発生しているととらえることができます。よってそのまま雨漏りが起こるのを放置し続けると、木材そのものが劣化していく可能性が大きくなっていきます。そしてこれは、住宅の耐久を著しく低下させることにつながります。更に湿った木材は、シロアリの大好物です。

ですから雨漏り放置の影響として、木材の劣化、シロアリの大量発生、それらによる住宅そのものの劣化が挙げられます。これらは密接に関係しあっているものなので、悪循環を引き起こしやすいと言うのも恐ろしい点です。それから水に濡れた木材と言うのは、高い湿度を持っているためカビが発生しやすくなります。カビの中にはアレルギーの原因になり得る種類のものも多くあります。

ですからアレルギーが引き起こされたり、それによる気管支系の疾病が引き起こされやすくなると言う、人体に対する影響も考えられることです。またカビは臭いの原因になることもあるので、この点も人体への影響に該当します。ですから雨漏りを確認した場合には、速やかに点検、修理を依頼することが必要です。

Filed under: 排水口つまり, 生活/暮らし, 福岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website