壁に変なシミが・・・これって雨漏りのせい?

雨漏りというと天井などからぽたぽたと滴り落ちる雨水を想像しがちです。でも実際にはそこまで症状が進んでしまうと、雨が家の中に浸入している量はかなりに登っている事が考えられ、状態としては相当重症なところまで行っていると想像されます。そこまで行く手前にも外壁の劣化部分や屋根の一部などから少しずつ雨水が浸入する事でじわじわと水が染み込んでくる場合、例えば天井や壁などにそれまでなかったようなシミができたりすることが考えられます。シミができる原因はもちろん雨漏りとは限らないのですが、雨がどこかから浸入して柱や壁などを伝って一ヶ所にたまる事でそのようなシミができる可能性はとても高く、放置すると雨の伝わる部分が湿気でかびてしまったり、さらに進むと湿気を好むシロアリのターゲットになってしまう危険性があります。

そしてそのまま時間が経過すれば家を支える土台部分や柱やはりなどの重要な部分が気が付いたときには相当なダメージを受けて、いざ修理をしようとすると莫大な修理費用がかかることに繋がるケースもあります。雨漏りは居室から目に見える状態になったらかなり進んでいると理解して、すぐに対策をとることが何よりも大切です。もしかすると生活していく中ではほとんど目にみえない状態でひそかに天井裏や壁の内側などでひたひたと雨水の浸入が進んでいる可能性はあるのです。壁のシミなどの雨漏りかもしれない症状を見つけたときには、まよわず専門業者に相談することがオススメです。

Filed under: 漏れ, 生活/暮らし, 詰まりTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website